酵水素レシピ
里芋の含め煮

和食の定番里芋の含め煮が、電子レンジを活用して短時間でできます。

里芋のぬめり成分ガラクタンには、脳細胞を活性化させて老化や痴呆を予防する効果があります。またリンパの流れもよくしてくれるので美肌作りにも◎!


カロリー

調理時間

塩分
108kcal 15分 1.3

作り方

  1. ゆずの皮はすりおろす。里いもはラップで包み、電子レンジで3分加熱する。ざるにあけ、水でしっかり洗ってぬめりを取る。
  2. 鍋にだし汁、みりん、薄口しょうゆ、酒を合わせて煮立たせ、里いもを入れ、里いもがやわらかくなったら火を止め、ふたをして蒸らす。
  3. 器に盛り、ゆず皮のすりおろしをかける。


参考・だし汁(500cc)の取り方

・水…600cc
・昆布…5g(5cm角)
・かつおぶし…10g
  1. 1.昆布は汚れをぬれ布巾などで拭き取り、水につけておく。
  2. 鍋に水、昆布を入れて中火にかけ、煮立ってきたら昆布をさいばしで取り出し弱火にする。
  3. かつおぶしを入れ、昆布をかつおぶしにのせて1〜2分煮たら火を止め、かつおぶしが沈むのを待つ。
  4. ボウルにざる、キッチンペーパーを重ね、だし汁を注いでこし、最後にキッチンペーパーで包んだだしがらを軽く絞る。
材料(2人分)
里芋(皮をむいたもの) 8個(250g)
ゆずの皮(すりおろし) 1/2個分(1g)
【煮汁】
だし汁 200cc
みりん 大さじ1(18g)
薄口しょうゆ 大さじ1(18g)
大さじ1(15g)