酵水素328選ビューティーコラム

飲み会の飲み過ぎ・食べ過ぎをリセットする方法

春夏は、新入社員歓迎会や親睦会など、飲み会の機会が何かと増えますよね。
飲み会は楽しく終わったけど、飲み過ぎ・食べ過ぎで体の調子が悪い、太ってしまったという方も多くいらっしゃるでしょう。
飲み過ぎ・食べ過ぎをリセットするには、どのような方法があるのでしょうか?
今回は、飲み会の飲み過ぎ・食べ過ぎをリセットする方法を紹介します。

飲み会の次の日はどうしてつらいの?

いわゆる二日酔いと言われる症状には、頭痛や吐き気、倦怠感などが挙げられます。
食べ過ぎ・飲み過ぎの後が辛い理由は、アルコールを分解する時の利尿による一過性の脱水や過剰な水分摂取による全身のむくみ、食べ過ぎによる消化不良などが挙げられます。
内臓が一度に分解できるアルコールの量は決まっているのですが、大量に摂取してしまうことで分解しきれなかったアセトアルデヒドが血液に残ってしまい、二日酔いの症状を引き起こしてしまうのです。
また、脂質や糖質の多いものを多量に摂取することで胃にもダメージを与え、肝臓・腎臓・腸の中で渋滞を起こしてしまいます。
また飲み会では食事もそこそこにアルコールをメインに摂取する人もおり、胃の中に食べ物が入っていないとアルコールを吸収しやすくなり、酔い易くお酒の抜けにくい体になってしまいます。

タイムリミットは48時間! 体内リセット方法

食べ過ぎ・飲み過ぎをリセットするタイムリミットは48時間以内とされています。
摂取された飲食物を、体内が脂肪に変えてしまうまでの時間が48時間だからです。
その48時間の間に、どのような方法をとればいいのでしょうか?

・朝は白湯を飲む

アルコールを摂取した後の体は、利尿作用が活発で体内の水分が不足しがちです。
体に吸収されやすく、水分補給に最適な白湯を飲みましょう。
胃にも優しくトイレの回数を増やすことが出来るので、体内からアルコールを排出するスピードを速めることができます。

・ビタミンCを摂取

酷使している肝臓には、ビタミンCが効果的です。
ビタミンCを多く含んでいる果物などを摂取して、肝臓を応援してあげましょう。
ビタミンCはアセトアルデヒドの分解を早める効果があるので、暴飲暴食をした翌日は定期的に摂取すると良いでしょう。
アセロラ、オレンジ、イチゴなどの果物と、ブロッコリー、ジャガイモなどの野菜などの摂取がお薦めです。

・胃に優しい食事を3食食べる

気持ち悪いから何も食べたくないと、食事を抜くのは禁物です。
朝は普段の1/2食分、昼は1食分、夜も1/2食分食べて、一日で一食分の量を減らした食事を摂ることで、体内組織が活発に活動するようになり、体内から早くアルコールと脂肪を分解してくれます。
脂肪の少ない青魚や、キャベツなど食物繊維を多く含む野菜、代謝を促進してくれるカリウムの含まれているにんじんやホウレンソウなど、出来るだけヘルシーで胃もたれを起こさないような食事を摂ってください。

酵水素

飲み過ぎ・食べ過ぎをリセットしたいあなたにジェイフロンティアがお薦めしたいのが、酵素と水素の含まれた酵水素。
アサイーベリー味でダイエット、美容の両面に効果があります。
二日酔いの疲れた体に酵水素の優しい力を摂取してあげて下さい。
酵水素328選