酵水素328選ビューティーコラム

もう失敗しない! プチ断食を始める前に知るべき3つのこと

プチ断食でダイエットを始めてみたものの体重が変わらない、かえって食べ物のことが頭から離れなくなってしまった……。
一向に痩せることができないのは、プチ断食のやり方が間違っている可能性が。
断食に失敗するパターン3つ、その失敗を防ぐコツを始める前に知っておきましょう。

失敗パターン1.「食欲が抑えられない」

断食でよくある失敗として、断食中に食欲が抑えられないことが挙げられます。
断食の注意点や方法を確認したのに空腹が我慢出来なかった、かえって食欲が増えたという方が多いのではないでしょうか。
それは長期間にわたるストイックな断食が原因かもしれません。
全く食べ物を口にしなくなった体は飢餓状態になり、余計に食欲が増加する傾向があります。飢餓状態が続くと精神にも負担がかかる可能性も。
夕食だけ酵素ドリンクに置き換える、フルーツや野菜だけは間食しても良いといった自分の生活スタイルに合ったルールを作ってみましょう。
また、休日だけプチ断食をするといった心身に負担がかからない日を選ぶことも大切です。

失敗パターン2.「断食直後、普通の食事に戻してしまう」

プチ断食を成功させるためのポイントは復食期間。
断食後すぐに普段の食事に戻すと胃腸に負担がかかってしまい、リバウンドしやすい状態になります。断食後は、負担がかかりにくい食事で徐々に胃腸を慣らしてあげましょう。
断食した翌日の朝食は重湯にし、次の食事からお粥を具なし味噌汁を食べるようにしましょう。2日目からキノコ類や野菜を使ったおかずを足していきます。
間食には野菜ジュースやスムージーを。
復食期間の目安はプチ断食と同じ日数です。

失敗パターン3.「食べずに痩せようとする」

1日の摂取カロリーが極端に低い、炭水化物を一切食べないといった栄養が偏った生活。それではかえって体重が増えてしまうことに……。
痩せやすい体を作るための食べ物3つを食事に取り入れましょう。

1つ目は油。

植物性のもの(オリーブオイル等)はホルモンバランスを整えてくれるので、ダイエット中のイライラやストレスを和らげてくれます。1日の目安は2〜3杯です。

2つ目は肉。

脂肪を燃焼の助けてくれる成分(L-カルチニン)が多く含まれているのが赤身の肉。 また、甘いもの食べたいという欲を抑えてくれる成分(チロシン)も含まれています。 赤身の多い牛肉がおすすめです。

3つ目はお米。

パンや麺類の小麦製品より消化の良いお米は太りにくいと言われています。ビタミンや食物繊維が豊富な玄米や雑穀米がおすすめです。
栄養が偏った食事では少量の食事でも太りやすい体質になってしまうことも。栄養バランスの良いメニューで健康的にダイエットを成功させましょう。