酵水素328選ビューティーコラム

紫外線対策に欠かせないのは【肌の保湿】!

だんだんと春の兆しを感じることが増えてきましたね。暖かくなってくると、外へ出かけたい気分になってくることでしょう。
しかし紫外線対策を怠ったまま出かけてしまっては、肌トラブルのもとになります。
なぜなら、春は紫外線量が急激に増えるシーズンだから。紫外線対策に欠かせないアイテムは日焼け止めですが、それと同じくらい大切にしたいのが肌の保湿です。

春の肌は紫外線の影響を受けやすい

紫外線対策が大切だと言われる理由の1つには、紫外線が肌の真皮と呼ばれる部分にまで到達することで、コラーゲン繊維などを破壊してしまう可能性があるからです。
春はその危険が真夏並みのレベルにまで上がります。
日焼けとして肌にダメージを与えていなくても、肌の内部で受けていたダメージが急にシミやシワといったカタチとして現れる恐れがあるのです。
また、春は冬の乾燥の影響が肌に残っている時期でもあります。
肌が乾燥していると、肌バリア機能が十分に働かなくなり、紫外線の影響を受けやすくなります。紫外線対策のためにも、しっかりと保湿することで肌が本来もっているバリア機能を働かせる必要があるのです。

肌を守る紫外線対策とは?

日焼け止めを選ぶときは、「SPF」や「PA」といった数値をしっかりと確認するようにしましょう。
こういった数値が高いほど、肌にかかる負担も大きくなります。レジャー用、普段使い用などシーンによって、日焼け止めの数値を変えることも大切です。
また、日焼け止めに使われている紫外線吸収剤は肌荒れを引き起こす、紫外線散乱剤は肌の乾燥を引き起こす原因になると言われています。
もし肌トラブルを抱えている場合は、こういった成分もチェックするようにしましょう。
さらに、日焼け止めを塗る前に欠かせないのが肌の保湿です。保湿をすることで、肌にうるおいの膜を張り、日焼け止めのダメージから守ってくれるでしょう。
もちろん日焼け止めだけでなく、日傘や帽子、サングラスといったアイテムも紫外線対策に役立てましょう。

保湿のポイント

洗顔後や入浴後などは、タオルで水分を取り除いたらすぐに保湿するようにしましょう。
保湿成分を配合した化粧水を手のひらで温めながら、顔に浸透させるように手でプレスします。皮膚の薄い目元や口元などには、指先で優しく保湿成分を与えるようにしましょう。
もし保湿成分が肌に馴染んでいかないと感じる場合は、保湿成分の浸透を助けてくれるジェルの使用をオススメします。
春でも気温が高い日が続くと、クリームやジェル系の保湿を避けてしまいがちです。しかし、紫外線が増えていることを考えると、こういったスキンケア用品を使った保湿ケアは必須です。
ベタつきが気になる方は、テクスチャーにも目を向けて選んでくださいね。
また、顔以外でも紫外線のダメージを受けた肌は忘れずに保湿ケアを行いましょう。

今の時期から保湿が必要!


■引用サイト 気象庁| 日最大UVインデックス(推定値)の年間推移グラフ http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html

気象庁の報告によると、2014年の4〜5月にかけて急激に紫外線量が増えていることが分かります。世界保健機関(WHO)などでは、UVインデックスを用いた紫外線対策を行うよう奨めているのです。

※UVインデックス(推定値)とは?

上空のオゾン全量や気象台・アメダスで観測された日照時間などのデータ(1時間積算値)を用いて解析・推定した値。
このグラフを見れば、今の時期からしっかりと肌を保湿する重要性がお分かりいただけることでしょう。本格的なアウトドアシーズンを迎える前に、保湿による肌作りの紫外線対策をオススメします!

faveur - ファヴール - オールインワンゲル

ジェイフロンティアでは保湿成分の浸透に重点を置いたオールインワンゲル「ファヴール」があります。
肌の保湿にお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。