酵水素328選ビューティーコラム

自信が持てる夏を! ムダ毛徹底処理方法

肌を多く露出する夏は、ムダ毛処理を欠かすことができません。
ムダ毛処理の回数が増えると、剃り残しやカミソリ負けなどが増えて外出先で恥ずかしい思いを…なんて経験がある方も多くいらっしゃるでしょう。
自信が持てるムダ毛ゼロの肌を作るには、どのような方法があるのでしょうか?

もう失敗しない! ムダ毛処理方法

日々行うムダ毛処理は、流れ作業のように全身を行うので剃り残しやカミソリ負けが多くなりがち。
肌を傷つけないケア方法を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

必ず潤滑剤を使う

洗い流した後に剃り残しを見つけた際などに、「一部だけだし」と何もつけていない状態で処理を行ったりしていませんか?
潤滑剤のない状態でカミソリを肌に当てると、滑りにくくムダ毛を上手に剃ることが出来ません。
カミソリはいくら安全な作りをしていても刃物ですので、できるだけ直接的に肌に触れることを避けましょう。

カミソリの交換を徹底

顔用のカミソリは気を使って定期的に新しいものに買い替えているけど、お風呂にあるカミソリはいつ買い替えたか分からないという女性も多いのではないでしょうか。
カミソリは切れ味も落ちやすく、水や泡、皮脂に触れることでカビなどの雑菌も繁殖しやすいです。
丁寧にムダ毛処理を行っているのに、剃り残しが減らないという女性はカミソリを変えてみてください。

除毛剤の時間を守る

もう少し置いた方が除毛できそう、すべてキレイになくなる気がしないなどと、長く除毛剤を放置したりしていませんか?
除毛剤は毛を処理できるほど刺激が強いものが多く、肌に優しいものでも使用時間をきちんと守らないと肌トラブルを招くこともあります。
製品パッケージに記載されている時間を守り、肌の健康を守りましょう。

カミソリと除毛剤のメリット・デメリット

ムダ毛処理に使用されることの多いカミソリと除毛剤。
この二つにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

カミソリ

カミソリは潤滑油を塗れば、全身のあらゆる箇所に使用することができます。
質を選ばなければ100円均一などでも購入することができ、安価で手軽に使用することができます。

メリット

・安価に手に入る
・深剃りが出来る
・刃を交換できる

デメリット

・肌への負担が大きい
・潤滑油代がかかる
・肌を傷つけることがある
・反り残しが多い

除毛剤

低刺激で手軽に行える除毛剤は、安価であれば常に使用したいという女性も多いでしょう。
最近では肌を保湿しながら処理を行えるものや抑毛成分を含むものも増えているので、大きなイベント時のムダ毛処理は除毛剤を使用される方も多いです。

メリット

・除毛法が簡単
・除毛後のチクチクや毛穴が目立ちにくい
・処理残しが無い
・肌が傷つかない
・保湿できる
・自分に合った成分のものを使用できる

デメリット

・値段がピンキリ
・成分を確認しないと肌荒れに繋がることがある
・刺激臭がある
・生えてくるスピードが速い
それぞれメリット・デメリットがありますが、肌に合う除毛剤を使用することが肌に負担をかけない除毛法としては最適と言えます。
夏は特に、人の無駄毛が気になるようにあなたの無駄毛も周りに見られる季節です。
肌に優しい除毛剤を使用して、肌にストレスのない除毛法を行いましょう。